≪剣道形

基本8  返し技 「面返し胴(右胴)」



---元立ち--- ---掛り手---
@ 右足から3歩で前進し一足一刀の間合に進む 。 @ 右足から3歩で前進し一足一刀の間合に進む 。
A 間合に接したとき、機を見て右足を1歩踏み出しながら掛り手の正面を

打つ
A 右足からやや右斜め前に出しながら自分の木刀の表鎬で元立ちの打込みを

迎えるように応じす。
B 待機 B すかさず手を返して左足をひきつけながら「ドウ」の掛声で元立ちの右胴を打つ。
C 正対し左足より1歩ひく。 C 正対し左足より1歩ひいて残心を示す。
D 左足より1歩左に移り、刀を抜き合わせた位置に横手の間合いで戻る。 D 左足より1歩左に移り、刀を抜き合わせた位置に横手の間合いで戻る。
E 構えを解き、左足から歩み足で5歩ひき、元の位置に帰る。 E 構えを解き、左足から歩み足で5歩ひき、元の位置に帰る。