≪剣道形

基本2  二・三段の技(連続技) 「小手→面」



---元立ち--- ---掛り手---
@ 右足から3歩で前進し一足一刀の間合に進む。 @ 右足から3歩で前進し一足一刀の間合に進む 。
A 間合いに接したとき剣先をやや上にあげる A 右足から踏み出し「コテ」の掛声で元立ちの右小手を打つ。
B 左足より1歩さがりながら剣先を下げずにやや右にひらく B 右足から踏み出し、「メン」の掛声で元立ちの正面を打つ。。
C 待機 C 左足より1歩ひいて残心を示す。
D 中段の構えに戻す。 D 左足よりもう1歩ひいて一足一刀の間合に戻る。
E 右足より1歩進み、刀を抜き合わせた位置に横手の間合いで戻る。 E 左足より1歩ひいて刀を抜き合わせた位置に横手の間合いで戻る。
F 構えを解き、左足から歩み足で5歩ひき、元の位置に帰る。 F 構えを解き、左足から歩み足で5歩ひき、元の位置に帰る。